ブログって

ロンファクです☆

早速なにか書きたくて投稿しましたw

実はブログは10年位前に書いていたんです

あの時は個人ブログだったけど意外にアクセスが伸びてびっくりした思い出があるなぁ

アメブロで100位以内ってw

でも今はロンファクがある(ロンドファクトリーの意)

でもロンファクの関係ないことも書きたい

でもロンファクと繋がっている

 

関係ないようなことでもどこかで繋がっているもので

無駄だと思ったものでも大事なものになっていたりする

そんなパズルを組み合わせていくような 答え合わせをしていくような そんな日々が意外と楽しかったりします

 

さて!今回は私の好きな方に登場していただきましょう☆

落語界の風雲児  立川談志 家元 師匠  パチパチ☆

落語は本当に大好きで もしももっと早く生まれていれば立川流に弟子入りしていたかもしれませんw

 

落語をあまりご存じない方も多いことでしょう

大喜利がうまい人 座布団を盗られる人 着物を着ている人 日曜日の夕方にサザエさんの時間あたりによく見る人

 

うーーーーん   違う!

いや違わないけど違う!

是非 寄席に見に行って欲しい

それも最高の落語家さんの寄席を!

と いうのも

落語というのはネタと言って話の種類は同じなのです

しかし同じ話をしていても演者が違うだけで全く違う話に聞こえるから不思議だ

話し方が上手いという次元だけでは語り切れない 演者の解釈の分野になる

でもお客さんがついてこれなかったらダメじゃん

と思いがちだけど 大丈夫!うまい落語家さんはどんな人にもアタックをしてきますw

 

立川談志師匠のイメージは私もメディア上のイメージしかなかったんだけど

初めて聞いた時の衝撃は未だに忘れられません

詳しくはここでは書きません

なぜなら これほどの大師匠でも好き嫌いはあるから

むしろ談志師匠の好き嫌いはハッキリしている お客さんもハッキリしている

好きな人は立川流しか聞けなくなるし 嫌いな人はもはやアレルギーw

そんな談志師匠に出会って少しづつ考え方にも変化もあって

「全ての人に気に入られる必要はないんだ」

逆に「すべての人に好かれる努力のすごさ」を感じました

 

色んな考え方があって当然 自分の意見を持って少しでも理解してもらえる努力と

伝える事の楽しさ   世の中の見え方がいい大人になってやっと変化したなぁ

 

2011年 日本激震の中 北の前将軍様とほぼ同じ頃に他界した 立川談志師匠

赤坂でのお別れ会では一般の部で一番先頭に参列したのはいい思い出ですw

 

なんかつながってる

ロンド(輪)ファクトリー(工房)でした

 

 

Facebook

PAGE TOP